認定NPO法人 セルフメディケーション・ネット
日本OTC医薬品協会へ

   SMACの概要 |  プロジェクト会議 |  資料室 |  SMA staff |  会報 |  寄付のお願い |  リンク集 |  SMAC事務局
SMAC活動への寄付のお願い
SMACは主旨に賛同される生活者と支援者の方にご寄付の呼び掛けを行っています。
» 詳しくはこちらをご覧ください
消費生活講座で村田正弘理事が講演
 村田正弘・NPO法人セルフメディケーション推進協議会専務理事が、2月18日に板橋区消費者センターで開催された区民対象の講座で、「賢い薬の活用方法 あなたの薬の選び方・飲み方再確認」と題し講演しました。


消費生活講座「賢い薬の活用方法 あなたの薬の選び方・飲み方再確認」
[日時] 2009年2月18日午後1時30分〜3時
[場所] 東京都・板橋区消費者センター
[講師] 村田正弘(NPO法人セルフメディケーション推進協議会専務理事)

 村田理事は、一般用医薬品を必要なときに正しく安全に使うために有用な知識について、わかりやすく解説しました。

 生活者の健康への意識が高まるなか、医師の処方せんなしで身近な薬局などで購入できる風邪薬や胃腸薬などの一般用医薬品は、日常的な健康管理に重要な役割を果たすものとして、利用ニーズは増えています。一方で、薬には、効能や効果だけでなく、副作用などのリスクがあります。講演では、一般用医薬品の安全な使い方や副作用などリスクについて、参加者より強い関心が寄せられました。

 平成21年6月から薬事法改正により一般用医薬品の販売制度が変わります。副作用などのリスクの程度は医薬品によってさまざまです。新しい販売制度では、リスクの程度に応じて3つの区分に分類されました。一般用医薬品のうち、特にリスクが高いものは「第一類医薬品」、リスクが比較的高いものは「第二類医薬品」、リスクが比較的低いものは「第三類医薬品」と分類されます。

 また、新しい販売制度では、薬剤師とは別の新たな資格である「登録販売者」の制度が導入されます。医薬品販売に関する都道府県が実施した試験を合格した登録販売者の資格をもつスタッフが配置されていれば、これまで薬剤師がいなかったために一般用医薬品を販売できなかったスーパーやコンビニエンスストアなどでも購入できるようになり、消費者にとって一般用医薬品をより利用しやすくなると期待されています。

 ただし、登録販売者が販売できるのは、第二類医薬品と第三類医薬品のみで、特にリスクが高い第一類医薬品については、薬剤師がいなければ販売できないことになっています。一般用医薬品を正しく安全に使うために、医薬品成分の効能・効果、副作用などを理解している薬剤師などの専門家によるアドバイスは大切です。

 当日の講演では、後発医薬品(ジェネリック医薬品)について質疑が寄せられました。ジェネリック医薬品は、新薬の独占的販売期間が終了した後に発売される、新薬と同じ有効成分で効能や用量が同一の医療用医薬品です。ジェネリック医薬品は新薬に比べて低価格なので、国民医療費の負担軽減に役立つと期待されています。また、登録販売者の知識や技術向上の機会をもっと与えてほしいという声も聞かれ、関心の高さが示されました。

関連情報
薬についての知識
連載:セルフメディケーション