認定NPO法人 セルフメディケーション・ネット
日本OTC医薬品協会へ

   SMACの概要 |  プロジェクト会議 |  資料室 |  SMA staff |  会報 |  寄付のお願い |  リンク集 |  SMAC事務局
SMAC活動への寄付のお願い
SMACは主旨に賛同される生活者と支援者の方にご寄付の呼び掛けを行っています。
» 詳しくはこちらをご覧ください
セルフメディケーションにおける各種の職能活動とかかりつけ薬剤師との関わり
職能・施設委員会委員 上村 直樹
1. 各種の職能活動と「かかりつけ薬剤師」との関わり
 セルフメディケーションは、大衆薬を中心とする軽医療以外に、看護、介護、食品、運動など様々な分野で健康療法が行われている。しかしながら、これらの療法の中には生活者の限られた知識だけで治療や予防を行うことに限界があったり、時には危険であることもある。例えば、健康食品やサプリメントなどは薬との相互作用が考えられ、アロマテラピーにおいても薬との相互作用が問題になっている。

また薬物治療と並行して行う運動療法も専門的な知識なしには行えば、よかれと思った運動がかえって逆効果になってしまうこともある。一般に危険性が少ないと思われる衛生材料や介護用品の使用においても使い方を誤ると症状の悪化や機能障害を招き、販売時に適切な使用方法の説明も不可欠となる。

 このように、セルフメディケーションにあっては、本来、関連商品を適正に使用するための知識の修得が前提にあって行われるものであり、そのためには各分野の専門家による生活者への使用時のアドバイスが必要である。 しかしながら、生活者がそれぞれの専門家を選択し接触することは容易でない。そこでこの両者の橋渡しをする専門家が求められる。この橋渡し役として、生活者に一番身近に存在する施設は地域の薬局や薬店であり、専門家はそこに必置される薬剤師である。この薬剤師の職能を利用することこそ生活者にとって最も利便性が高い方策と考えられる。したがって薬局等の薬剤師は医薬品の管理・指導のみにとらわれることなく、幅広い商品の適正使用につき、様々な分野の科学者として生活者と専門家とのインターフェイスの責務を果たすことが、これからの正しいセルフメディケーション進展の鍵と考える。

 これらの使命に応える薬剤師が「かかりつけ薬剤師」の責務であり、以上の関係を図に示すと下図のとおりとなる。セルフメディケーション活動における医療以外の各種の職能活動は、原則的にはいずれも独立した職能活動として行われるのでなく、図に示すようにあくまで大衆薬を中心とした医療活動を補完する活動として捕らえるのが妥当と考えられ、そのためにも優れた大衆薬の存在、かかりつけ薬剤師業務の重要性が認識される。


2. セルフメディケーションにおける「かかりつけ薬剤師」の在り方とSMACの支援
 図に示したセルフメディケーションにおける薬剤師の使命を果たすための「かかりつけ薬剤師」には次の能力が必要とされる。
  • 街の科学者として何でも相談にのることができる知識と探求心(ナリッジ)
  • 相談しやすい態度や言葉遣い(コミュニケーション)
  • 患者や消費者の立場に立って考えることのできる能力(ヒューマニズム)
 かかりつけ薬剤師は、地域の中でこの三つの能力を発揮して初めて信頼が得られるのである。この地域での信頼こそ、一方で薬局や薬店の繁栄に繋がり、地域の健康情報ステーションに発展していくのである。
 このような能力を身につけるためには、薬剤師本人の努力や研鑽はもちろんであるが、かかりつけ薬剤師を育成するために、薬局や薬店の経営者の側面的支援が重要である。すなわち、薬剤師に対し訓練や研修の機会の提供、また、十分な学習に必要な時間的余裕の貸与、必要な情報資料の提供等が必要である。

 SMACはこれらの薬局や薬店のかかりつけ薬剤師に対して信頼できる情報の提供及び経営者の環境作りを支援していくことが重要な役割と考える。

掲載記事・図表の無断転用を禁じます。 copyright©2005-<$mt:Date format="%Y"$> Self-medication advocacy council. All rights reserved.