認定NPO法人 セルフメディケーション・ネット
日本OTC医薬品協会へ

バックナンバー    
村田正弘(セルフメディケーション推進協議会 常任理事)
31. 眠気防止薬
 前回は眠れない方に睡眠をとる、鎮静をうながす「薬」を紹介しました。今回は逆です。
 眠らないで頑張っていても疲労が重なってくれば、眠くなり身体を休めたくなるのが自然です。社会生活の中ではこの生理現象に逆らう必要がある場合が生じます。
 残業や試験勉強はもともと無理な強制ですから、仕事量をできる限り計画的に処理するよう健康管理に心がけてください。しかし、車の運転ややむをえない仕事で、眠気が重大な事故につながる可能性がある場合、精神力だけでは危険な場合に「薬」を使うことを考えてよいでしょう。
眠気防止薬の成分
 眠気防止には中枢神経興奮作用のあるカフェインが主役です。カフェインはチョコレートやお茶、コーヒーに含まれています。眠気を抑えることをはっきりさせているのは付表にある「医薬品」で、説明書にカフェイン量が明示されています。普通1回100mg以上を服用すれば神経が興奮し、頭はかなりはっきりします。
 効果の発現は剤形によって違いますが、10分もすれば現れます。どのくらい続くかが問題ですが、2、3時間と考えてください。まだ眠いといって再度使うのはいけません。説明書にも4時間以上間隔をあけるまたは1日に2回使ってはいけないという表現で書いてありますから注意を守ってください。
 お茶やコーヒー、カフェインに含まれる量も低いとはいえません。確かに「医薬品」の量には及びませんが、何杯もいくつも食べるとかなり接近します。カフェインはキサンチン系といわれる化学構造式をもっていて、テオフィリンという喘息に使用する薬やチョコレートにも類似した成分が含まれています。これらの成分の合計した量が中枢神経系に作用するので注意が必要なのです。
 眠気防止薬に含まれる他の成分は多くがビタミン剤や類似成分で、疲れた感じを賦活するとして配合していますが、眠気をとる作用はありません。
嗜好品と薬の使い分け
 少々の眠気防止ならコーヒーやチョコレートのような嗜好品を勧めます。ガムのような手軽のものもあり、美味ですし、ちょっと一息入れることによって緊張をほぐすことになるからです。どうしても、「眠ってはいけない!」と覚悟をきめたら、「医薬品」を使いましょう。中途半端に両方を併用しないでください。カフェインの量が増えて、イライラ感が生じ、不安等につながり、眠ろうとしても眠れない状態になりやすいからです。
眠気防止薬を使うにあたっての注意
 大切なことはすでに述べましたが、眠気防止薬は眠い時の緊急避難に使う薬と考えてください。したがって「常用」してはいけません。

眠気防止薬
中枢神経興奮成分ビタミン類その他の成分製品名販売会社剤形
無水カフェインカーフェソフトエーザイ錠剤
無水カフェインカフェロップ第一三共ヘルスケア舐剤
無水カフェインダイヤルモカジェーピーエス製薬錠剤
無水カフェイントメルミンライオン錠剤
無水カフェインB1、B2、バントテン酸、タウリンアオーク(AWOUK)大正製薬内液
無水カフェインB1エスタロンモカ錠エスエス製薬錠剤
無水カフェインB1、B6、B12エスタロンモカ12エスエス製薬錠剤
無水カフェインB1、B6、ニコチン酸アミドグリセロリン酸カルシウムエスタロンモカ内服液エスエス製薬内液
無水カフェインB6カフェクールアラクス顆粒
無水カフェインB6、B12カフェクール200アラクス顆粒
無水カフェインB1、B2、B6、パントテン酸タウリン、イノシット、ゴオウポンツシン内服液ゼリア新薬内液
無水カフェインB1、B6、B12ニコチン酸アミド、
パンテノール
タウリン、グリセロリン酸カルシウムモカ内服液第一三共ヘルスケア内液
2008年05月 掲載