NPO法人 セルフメディケーション・ネット Pro.

被災者、避難者のためのお薬注意情報
2011年03月30日
加藤 哲太(セルフメディケーション推進協議会理事、
東京薬科大学薬学部教授、薬学博士、薬剤師)
 日本薬剤師会を始め多くの団体、製薬企業は東日本大震災の被災者へ薬剤師の派遣と医薬品供給による支援活動を積極的に行っています。被災者の皆さんはこうした医療従事者と連携し、健康の維持、回復に努めて下さい。
  1. 以前から薬を服用していた皆さんへ
    1. 服用している医薬品の情報が大切 お薬手帳を活用してください
       災害時の医薬品の使用に関しては薬剤師に相談し、判断を任せるのがいいでしょう。そのために必要なものが、薬歴です。その情報は「お薬手帳」に記載されています。すぐに提示できるよう準備しておいてください。持っていない人、紛失してしまった人は、自分の病気の症状や薬歴に関する情報を可能な限り思い出しメモしておいて、薬剤師に提示してください。
       被災者の状況などで異なる場合もありますが、災害時においてどうしても継続を必要とする医薬品、急を要しない医薬品、中止可能な医薬品があります。また、代替が可能な医薬品もあります。

    2. 中断すると危険な医薬品 すぐに申し出て下さい
       インスリンが必要な糖尿病患者さんにとってインスリンは必須です。インスリンが中断されると、糖尿病が急速に悪化する人が確実にでます。絶対に優先的な確保が必要な薬剤です。
       その他、抗結核剤など慢性感染症用の抗菌・抗生物質、気管支喘息で使用中の薬剤、癌緩和ケア用のオピオイド剤、心不全で使用中の薬剤、抗不整脈剤などの中止は危険です。すみやかに医療関係者や支援団体の方に相談してください。

  2. 不安や寒さで眠れない皆さんへ
     被災者の中には、不安や寒さで不眠となる人が増加し、抗不安剤、睡眠剤の服用を希望する人が増えてきます。しかしながら、これら睡眠剤や抗不安剤、抗うつ剤は依存症を起こす危険性があります。被災による不安があったとしても、安易な使用開始は、避けるべきでしょう。対話、運動などで少しでも不安を除く努力をしてください。

  3. 感染症に注意 ボランティアの人も感染源を持ちこまない注意を
     避難生活が長引く中、避難所の過密や不十分な衛生状況で、通常よりも感染症が流行しやすくなっています。
    急性胃腸炎ウイルスや細菌による急性胃腸炎は、下痢、嘔吐(おうと)、発熱が主な症状です。特にノロウイルスやロタウイルスは感染力が強く、患者の便から2次感染が起きます。災害時に最も注意すべき感染症です。特別な治療法はなく、脱水予防と下痢の対症療法が基本です。手洗い、消毒は有効な予防法です。
    破傷風がれきなどで創傷を負った被災者は要注意で、ワクチンの接種歴を把握しておいてください。

  4. 消毒薬の作り方
    消毒するもの使用薬剤など目安量
    手指逆性石鹸液
    (塩化ベンザルコニウム液10%)
    石鹸で手洗い後、100倍液に浸して洗浄する
    消毒用エタノール(70%)原液3ccを手のひらにとり、乾燥するまで(約1分間)手に擦込んで使う
    食器・器具・ふきん 水洗いするまな板・おもちゃ等次亜塩素酸ナトリウム
    (家庭用塩素系漂白剤など)
    100倍液に30分間浸し、水洗いする
    熱湯消毒100℃5分間以上
    トイレの取っ手
    ドアノブ
    消毒用エタノール(70%)原液を含ませた紙タオル等で拭くか噴霧する
    逆性石鹸液
    (塩化ベンザルコニウム液10%)
    50倍液を含ませた紙タオル等で拭く
    衣類の消毒次亜塩素酸ナトリウム
    (家庭用塩素系漂白剤など)
    100倍液に30分間つけた後、洗濯する
最近の関連情報
2019年02月07日 東京都主催の「平成30年度 外国人のための防災訓練」 ━ 避難所生活での健康体操 ━ に協力しました
2017年11月16日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2017年11月10日)
2017年11月08日 SMACは「2017みなと区民まつり」に参加しました 多くのご参加ありがとうございました
2017年06月30日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2017年6月23日)
2017年03月31日 東京糖尿病療養指導士「東京CDE」と専門職対象の「東京CDS」が発足
2017年02月17日 日本の喫煙対策は「最低レベル」 たばこを断つために必要な知識
2017年02月17日 がん医療の最新情報 「低侵襲」「個別化」で患者にやさしいがん治療
2016年12月08日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2016年11月25日)
2016年10月27日 【開催案内】SMAC「健康支援隊」による健康管理についての実践と相談
2016年10月19日 血糖を知り、はかり、コントロールする 10月8日は「糖をはかる日」
2016年10月14日 SMACは「2016みなと区民まつり」に参加しました 多くのご参加ありがとうございました
2016年07月28日 第14回通常総会・第26回SMAC理事会を6月24日に開催いたしました
2016年06月30日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2016年6月24日)
2016年04月21日 緊急提言「避難所での健康運動のすすめ」 セルフメディケーション推進協議会
2016年04月21日 2016年熊本地震 エコノミークラス症候群を防ぐための6つの対策
2016年03月25日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動(2016年3月25日)
2016年03月23日 セルフメディケーション推進協議会は「学術フォーラム 2015」を開催しました
2016年02月15日 「笑い」の多い生活でがんや認知症を予防 健康な生活スタイルは「一無、二少、三多」
2015年11月10日 世界糖尿病デーは11月14日 ブルーサークルで健康的な食事を拡大
2015年11月04日 身近な薬局が大きく変わる 厚労省が「患者のための薬局ビジョン」を策定
日本医療・健康情報研究所