NPO法人 セルフメディケーション・ネット Pro.

江東区東雲の公務員住宅における活動(2011年9月22日)
2011年09月26日
報告概要
 前日に台風が通過し、かなりの混乱がありましたが、当日は天気が回復して活動は予定通り実施しました。
 しかし、この日は歌舞伎見学が予定されていて、常時参加の方の中には申し訳ないけど今回は欠席と断りにみえた方が複数ありました。開始の9時30分前から待っておられる方があって、かなり定着した感がします。
 菅野理事の都合があり「らくらく健康運動」の実践を先行して約50分行いました。前週に印刷ができた、A4カラーのテキストを全員に配布しましたが、帰ってから練習できると好評でした。
 参加者は1人を除いてリピーター総計6人、支援者の方が多い状況でしたが、2人ペアでマッサージの基本練習など和やかな雰囲気でした。
 11時より、村田が「セルフメディケーション」について再度、ボードを使って説明し、復興支援に身体の健康が大事ということには共鳴が得らました。
 この後「薬」について個々に聞くと、被災前より医療用医薬品を常用されている方が多く、また被災時より中断していたためコレステロール値が上昇し、最近受診した医師に継続が必要と指摘されたなど、健康管理について潜在ニーズが多いことは確実です。
 現避難所の近辺には医療施設があるが、今後について不安ということです。別情報では福島の仮設住宅では診療所があるものの「薬」がないという訴えがあり、現在確認中です。
 少しゆとりと信頼が得られたのか、原発事故直後の避難時の状況や東電、行政に対する不信、不満もかなり話してくれました。1度や2度の会合や話しかけでは口を開いてもらえませんが、地域、家庭環境、お金についての深刻な問題があり、長期的な支援が必要です。

今後の活動への提言
 今回、東京都都市整備局の現場責任者である飯塚則之氏と暫時面談する機会を得ました。飯塚氏から東雲公務員宿舎においても自治会組織ができたこと、支援内容についても話し合いができるようにしたいとのことです。可能な限り、居住者との接点を作るようにします。

クリックすると拡大表示します
(TERA)

Copyright ©2010-2017 セルフメディケーション推進協議会 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
最近の関連情報
2017年11月16日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2017年11月10日)
2017年11月08日 SMACは「2017みなと区民まつり」に参加しました 多くのご参加ありがとうございました
2017年06月30日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2017年6月23日)
2017年03月31日 東京糖尿病療養指導士「東京CDE」と専門職対象の「東京CDS」が発足
2017年02月17日 日本の喫煙対策は「最低レベル」 たばこを断つために必要な知識
2017年02月17日 がん医療の最新情報 「低侵襲」「個別化」で患者にやさしいがん治療
2016年12月08日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2016年11月25日)
2016年10月27日 【開催案内】SMAC「健康支援隊」による健康管理についての実践と相談
2016年10月19日 血糖を知り、はかり、コントロールする 10月8日は「糖をはかる日」
2016年10月14日 SMACは「2016みなと区民まつり」に参加しました 多くのご参加ありがとうございました
2016年07月28日 第14回通常総会・第26回SMAC理事会を6月24日に開催いたしました
2016年06月30日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2016年6月24日)
2016年04月21日 緊急提言「避難所での健康運動のすすめ」 セルフメディケーション推進協議会
2016年04月21日 2016年熊本地震 エコノミークラス症候群を防ぐための6つの対策
2016年03月25日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動(2016年3月25日)
2016年03月23日 セルフメディケーション推進協議会は「学術フォーラム 2015」を開催しました
2016年02月15日 「笑い」の多い生活でがんや認知症を予防 健康な生活スタイルは「一無、二少、三多」
2015年11月10日 世界糖尿病デーは11月14日 ブルーサークルで健康的な食事を拡大
2015年11月04日 身近な薬局が大きく変わる 厚労省が「患者のための薬局ビジョン」を策定
2015年11月04日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動(2015年10月30日)
日本医療・健康情報研究所