NPO法人 セルフメディケーション・ネット Pro.

SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動(2013年4月26日)
2013年05月07日
報告概要
 SMAC健康支援隊は4月26日、東京江東区東雲の公務員宿舎において活動を行いました。
 本年2回目の活動では、自治体会長と連絡を密にし、ポスター、チラシ配布などの広報活動を展開ししました。参加者は10名を超え、前回までに参加された顔なじみの方もおられました。
 最初に村田からセルフメディケーション、健康の大事なことをパネルを使って説明し、次いで戸松が健康運動を指導しました。激しい運動より、使っていない筋肉を伸ばす、縮めるといったことによって身体機能は保てるとわかりやすく説明しました。実施を含め約30分。
 薬に関しては「皮膚(弱酸性)と健康」について」の説明から、全薬工業製品「試供品(ボディローションとクリーム)」を提供し、喜ばれました。
 その後は全員がサークル型に集まり、質問などをきいた。運動はテレビをみて行っている人もいましたが、どの位の時間、程度がよいのか不安に思っています。戸松はもっと少なくていい、1週間単位でいいから長続きが大事だと説明しました。
 途中から個別の相談をされる方が何人かいました。内容は先年、石巻市の仮設住宅訪問時と同様で、福島県の場合、帰郷のめどが立たないことにより問題がさらに深刻さを増していことが窺えました。高齢者の認知症、さらに家庭内暴力等全く対応がとれていない状況が分かりました。

今後の活動への提言
 自治会長との連絡もとれるようになったが、住宅内への広報活動に限界があります。また、住民への各自治体からは連絡がなく、健康管理は江東区から派遣されているとのことです。各市町村単位ではなく、県単位での組織的体制でないと機能しないのではないか。ともかくNPOとし提言、協議できる場を設定する必要があります。
 当NPOは、今回の活動において薬剤師、看護師、健康運動指導士の有資格者で、現場経験をもつベテランがあたりました。個別相談は医療、介護、家族関係等が複合した問題が多く、行政、医療機関との連携が必要です。

最近の関連情報
2019年02月07日 東京都主催の「平成30年度 外国人のための防災訓練」 ━ 避難所生活での健康体操 ━ に協力しました
2017年11月16日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2017年11月10日)
2017年11月08日 SMACは「2017みなと区民まつり」に参加しました 多くのご参加ありがとうございました
2017年06月30日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2017年6月23日)
2017年03月31日 東京糖尿病療養指導士「東京CDE」と専門職対象の「東京CDS」が発足
2017年02月17日 日本の喫煙対策は「最低レベル」 たばこを断つために必要な知識
2017年02月17日 がん医療の最新情報 「低侵襲」「個別化」で患者にやさしいがん治療
2016年12月08日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2016年11月25日)
2016年10月27日 【開催案内】SMAC「健康支援隊」による健康管理についての実践と相談
2016年10月19日 血糖を知り、はかり、コントロールする 10月8日は「糖をはかる日」
2016年10月14日 SMACは「2016みなと区民まつり」に参加しました 多くのご参加ありがとうございました
2016年07月28日 第14回通常総会・第26回SMAC理事会を6月24日に開催いたしました
2016年06月30日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動報告(2016年6月24日)
2016年04月21日 緊急提言「避難所での健康運動のすすめ」 セルフメディケーション推進協議会
2016年04月21日 2016年熊本地震 エコノミークラス症候群を防ぐための6つの対策
2016年03月25日 SMAC健康支援隊 江東区東雲の公務員住宅における活動(2016年3月25日)
2016年03月23日 セルフメディケーション推進協議会は「学術フォーラム 2015」を開催しました
2016年02月15日 「笑い」の多い生活でがんや認知症を予防 健康な生活スタイルは「一無、二少、三多」
2015年11月10日 世界糖尿病デーは11月14日 ブルーサークルで健康的な食事を拡大
2015年11月04日 身近な薬局が大きく変わる 厚労省が「患者のための薬局ビジョン」を策定
日本医療・健康情報研究所