認定NPO法人 セルフメディケーション・ネット
日本OTC医薬品協会へ

バックナンバー    
村田正弘(セルフメディケーション推進協議会 専務理事)
1. セルフメディケーションって何ですか。 [定義]
 最近、新聞、テレビなどのメディアもよくとりあげていますので、言葉としては大分普及しているようです。しかし、正しく意味を把握している方はまだ少ないようです。典型的な外来カタカナ語ですが、適当な日本語訳または相当する概念がありません。セルフは自分とか、自己という意味です。メディケーションは病気を治すという医療という概念を表す言葉です。両方をつなげると「自分で疾病を治す」ということになりますが、少しニュアンスが違っています。日本では、病気は医者にかかって治してもらうという考えか古くから受け継がれてきました。戦後の社会保障制度の一環としての国民皆保険制度においてもこれは継承されました。特に乳幼児の死亡の原因だった病原微生物による感染症や外科的療法が主である急性期医療においてはそれが著明でした。しかし、メディケーションは必ずしも急性期医療に限らず、慢性疾患の予防・治療や健康の維持ということも含まれます。食事内容の変化や近代社会のストレスが関与するといわれている生活習慣病が増えています。高齢化が進みますと、当然退行性疾患も多くなります。身体をこのような疾患から守るのは、「自分で自身の健康を管理する」ことです。これがセルフメディケーションの概念といってよいでしょう。これは、医師に頼らずに自分勝手な健康法を行うということではありません。また、急性期医療や救急体制の整備、高度先進医療を否定するものではありません。

 「健康管理」ということをもう少し具体的に考えてみましょう。まず、自分の健康に関心をもってください。身体はかけがえのない「自分自身のもの」です。他人や医療関係者任せにしないで、自分を大事にしましょう。素人ではと言う前に、わからないことは聞きましょう。医師や薬剤師、その他の医療関連の専門職能従事者はセルフメディケーションを支援する役割を担っています。関心をもつと、自分の健康状態を常にチェックしてみようと考えるようになります。これをセルフチェックと言いますが、最近はチェックをする道具、たとえば体重計など機能的にも優秀なものが手に入ります。体温計で熱を測ることともセルフチェックです。熱があって、かぜの徴候と判断したら、早めに安静にして症状を緩和する薬(一般用医薬品)を使います。メディケーションは治療を意味しますから、このように大衆薬を使って症状を治すという定義をいう方もいますが、かぜにかからないための生活改善を実践するといった範囲を広げて考えることをSMACは提唱しています。最近世界の先進国では、医療の主流はセルフメディケーションと呼びかけています。
2004年11月 掲載